基礎代謝をアップさせるには、たんぱく質、炭水化物、脂肪という3つの栄養素を適度にとって、適度に体を動かさなければいけない。

食事をとって運動して、栄養素が筋肉に変わる途中で、その手助けをビタミン、ミネラルがしてくれる。ミネラルは、あなたの体の中にほんの少量だが存在する。しかし、ビタミンは食品を通して外部から取り入れるしかない。運動して燃焼させたエネルギーを、効率よく筋力にして基礎代謝を上げたい。そんなあなたは、ビタミンを意識して口にする必要がある。

ビタミンとひとくくりにしてしまったが、13種類ある。どのビタミンをとっても、あなたにとって重要で、不足すると病気になってしまう。代謝の手助けしているビタミンは、ビタミンA,ビタミンC,ビタミンE、そしてビタミンB群などだ。その中で特にビタミンB群は、代謝をアップさせる手助けには欠かせない。

具体的には、ビタミンB1は炭水化物の代謝、ビタミンB2は炭水化物と脂肪の代謝、ビタミンB6はたんぱく質の代謝の手助け、活性化を担当している。ビタミンB群はこの3つだけではないが、この3つは特に重要だ。

これらが多く含まれる食品は、豚肉、大豆製品、牛レバーなどがよく例にあげられる。その他にも、いろいろな食品に含まれている。あなたの運動の代謝量を少しもムダにしないために、このビタミンB群の食品を意識した食事を心がけよう。

ビタミンB群の効果は基礎代謝だけではない。精神的に安定したり、貧血の予防、口内炎の予防になったりといろいろな効果がある。ただ、過剰摂取すると副作用がおこる場合もあるので、サプリメントなどを購入したら、分量を守って使わなければいけない。